横浜の太陽光発電業者。オススメは?

太陽光発電の横浜情報

平成24年4月2日からはじまった補助金の受付は平成25年1月21日に終了しました。太陽光発電の補助金は通常予算額が決められています。そのため予算額に達すると1年を待たずして終了するということになります。

平成25年度の横浜市の補助金は?
気になるのは平成25年度の太陽光発電の補助金はどうなるのかということです。

予算案の段階では3.5kw未満の設置で一律5万円です。あくまでも案の段階です。もし、平成25年3月末の横浜市の予算会議でこの案が議決された場合、3.5kw以上設置するご家庭では補助金は受けられないということになりますので設置するkwに注意が必要です。

補助金の予算案が議決された場合、4月1日から受付が開始されるとみられるため、前年度に補助金が受けられなかった人は早めにお申し込みをされると良いでしょう。

補助金を申し込む前に必要なこと

あなたは、我が家はどれぐらいのkwの太陽光発電が設置可能なのか、どのメーカーや機種が適しているのか、初期費用はどれぐらい必要なのかなどをしっかりと把握していますか?

何キロワットの太陽光発電を設置するのか。これが分からなければ補助金が受けられるかどうかもわかりません。まずは、補助金を申し込む前に、これらの情報を正確に把握しておきましょう。

我が家に設置できる「kw」や「初期費用」を調べる方法

こちらのサービスを利用すると、神奈川県の太陽光発電業者から一括見積りを依頼することができます。完全無料というだけでなく、優良業者が登録しているサービスですから良心的な価格で太陽光発電が導入できる確率が上がります。バナーをクリックして、無料見積りサービスをご活用ください。

横浜ってどんな町?

横浜は港の街です。元は神奈川港と呼ばれたこの港は日米通商修好条約によって長崎、神戸、大阪、東京(江戸)新潟などと共に開港し、太平洋を航行する数多の船を受け入れてきました。

また、小柴(金沢区)等漁港もいくつかあり、太刀魚(昔は蝦蛄が人気の品だったのですが、漁獲量が減少し現在は太刀魚に取って変わられました)等江戸前の海産物を市民の台所に運ぶ役割を担っています。

また、横浜は鉄道が最初に走った街でもあります。現在でも横浜駅はJR各線、京浜急行線、相鉄線、市営地下鉄等が乗り入れ、交通の要衝となっています。

多くの企業が横浜に本社を置いていますが、都心とも近いので東京で仕事をする人のベッドタウンの役割をも担っています。

桜木町駅、関内駅周辺にはランドマークタワーをはじめとする高層ビルや、ジャック、キング、クィーンの3塔、中華街、山下公園と言った観光名所が集まり、夜になると照明に彩られ、町全体が光り輝きます。

膨大な消費電力を賄うために、横浜市は節電や自然エネルギーの導入を先鞭をつけて行っています。海上風力発電のハマウィングは観光スポットとしても有名ですね。

この原稿を書いている平成25年2月時点では、平成24年度分の申込み受付は既に終了していますが、横浜市では太陽光発電、太陽熱エネルギーシステムを導入する人のための助成を行っています。

毎年4月ごろに希望者を募集するようです。太陽光発電の場合、発電量によって助成の金額が決まるので、どの機器が発電効率がよいかを事前に調べましょう。