太陽光発電を有効活用できていますか?

太陽光発電パネルと空

太陽光発電を利用することによって、自宅で電源を供給することができるようになります。

このことは誰でもしっていますよね。

これにより、電気代などの光熱費を削減することができますから、太陽光発電は非常に優れたものという認識がもたれています。

しかし一口に太陽光発電を利用することで電力を自給することができるといわれても、実際にはどれくらいの電源が供給されているかということがわからなければ、太陽光発電を使用することのメリットも感じにくいものではないでしょうか。

そのため太陽光発電を利用すると同時に、どれくらいの電気が発電できるようになるのかを知ることが必要になります。

太陽光発電は太陽光を利用するという性質上、使用することができるのは日中の間だけという制約が存在しています。

その中で十分な発電量を得ることができたということのできる目安は、おおよそ年間消費電力の70%から90%程度であるといわれています。

つまり太陽光発電を有効に活用できているかできていないかの基準は、その住宅の年間電気消費量の70%以上の電力を供給できているかにかかっています。

また太陽光発電によって発電できる電気の量は、日光のあたっている時間に大きく影響を受けるために、日光の当たっている時間が長い地域ほど、多くの電力を供給することができるようになります。

日本国内で特に効率よく電力を供給することができる土地として知られているのは、広島や高松などのような中国・四国地方であるとされています。

自分の住んでいる地域の発電量がどのくらいのものであり、また自分の使用している年間電気量がどれくらいのものであるかを把握しておくことによって、より効率的な太陽光発電の利用が可能になります。