北海道の太陽光発電

失敗せずに北海道の我が家に太陽光発電を導入!

太陽光発電を北海道の自宅に導入する。そう決めれば大切なことがあります。あなたが失敗しないために一番大切なことです。何かわかりますか?

そうです。それは業者選びです。業者を間違うと必ず後悔します。

なぜなら、今だに悪徳業者が存在しているからです。たとえば、ずさんな施工による雨漏り、故障したので電話をすると連絡が取れない、相場より50万円以上も高く契約させられたなど、消費者センターには多くの苦情が寄せられています。しかも年々増加傾向にあるといいますから油断大敵です。l

このような失敗を経験しないためは何が大切でしょうか。そうです。複数の会社から見積りを取ることです。

でも、たくさんの太陽光発電業者なんて知らないし……。探すのが大変…と思われる方にご紹介したいのが、「太陽光発電の一括見積りサービス」です。

そうです。いろいろな業界にも一括見積りサービスはありますが、太陽光発電にもあるのです。まず、これを使わない手はありません。

このサービスの良い点は、あらかじめサービスの運営会社が厳しい基準を設けて、質の悪い業者が見積りに参加できないようなシステムを作っているということです。そのため、利用者は意識しなくても安心できる業者にだけに見積を依頼できるのです。これは安心ですね。

それから、一度に複数の会社(最大5社)から見積りが取れるため、楽チンというだけではなく、業者間で競争原理が働き、価格が驚くほど安くなる点も見逃せないメリットです。

これだけ便利なサービスなのだから料金が必要なのかと思いきや、なんと完全に無理なのです。本当にありがたいサービスですね。これは使わないと損だと言えるサービスではないでしょうか。

北海道の特徴と太陽光発電について

さて、わが国の47都道府県のうち、最も北にあり、もっとも面積が広いのが北海道です。

知床半島やラベンダーで有名な富良野等自然豊かな土地から、運河の町小樽、県庁所在地である札幌等人が多い都会地まで、特色のあるエリアを擁する道でもあります。

電力と北海道と言えば函館(旧箱館)の夜景が思い浮かぶ人が多いでしょう。

東日本大震災による電力供給の行き詰まりと節電によって少し照度は落ちましたが函館山の展望台には、光り輝く街をひと目見ようと人々が寒さをおして集まります。

地元の人は函館の灯が消えることの無いようにと、日中電気を使わない、ホテルなどでは函館山に面した部屋に客を優先的に通して部屋の灯りで建物をライトアップする等の努力をされています。

五稜郭タワーも人目につかない函館山の反対側は照明を消す等して節電しているようです。

昔ながらの暖房器具薪ストーブを節電のために導入する人も増えているそうです。

北国ならではの電力にまつわる問題と言えば、やはり雪と寒さです。北海道の雪はさらさらとしていますので、電線に付着し、ショート、断線を起こし、大規模な停電を引き起こすことがあります。

酷寒の北国で電気が使えないことは凍死等切実な命の危機に繋がります。太陽光発電システムを使って自分の家で発電すれば、少なくとも変電所のトラブルで電気が使えないと言う事態は避けられます。

ただし、雪が降り積もると折角の太陽光パネルも発電できなくなります。

積もった雪の荷重に耐えきれず落下したりしてしまうこともあります。そのため、太陽光発電を北海道で設置する場合は、業者と相談して導入する機材や配置を決めてください。

太陽光発電システムの見積りも3社以上の業者に依頼して比較することを怠らないようにしましょう。